東京近視クリニックのレーシック

東京近視クリニック

東京近視クリニックは、「自分にはどのレーシック治療が良いのか分からない」という方や、治療メニュー選びで悩まれている方へ、丁寧なカウンセリングを行い、患者さんの年齢やライフスタイルを考慮し、最善の治療を提案
少数ながらも、適応検査から治療・アフターケアまでそれぞれ視力矯正のエキスパートが担当し、安心してレーシック施術を受けるための特化した体制を整備。

執刀医は眼科専門医、青山 勝院長

数万件の手術経験を持ち、レーシックでは世界トップクラスの医療技術を誇る眼科専門医 青山 勝 医師が、世界最高水準の医療サービスを提供し、初診からアフターケアまで対応。
近視・遠視・乱視対策のレーシックのみならず、老眼、円錐角膜の治療も含めた生涯の視力障害に対するトータルケアを行っています。

クリスタルZレーシックのレーシックのメリット

クリスタルZレーシックは、従来のレーシックに加え、次のようなメリットがあります。
お客様一人ひとりに合わせた最適な「見え方」を実現しています。
すべての手術をレーザーのみで安全に行う事ができます。
眼の中心にフラップを的確に作ることが出来るので、安全性、安定性に優れています。
治療後のシワやズレがほとんどなく、合併症の発生率も低くなります。

質の高い視力

同じ視力でも人によって「見え方」は異なっています。それは、角膜のわずかな歪みの原因となる角膜の形が、一人ひとり異なっているからです。 これまでのレーシックでは、「視力」は回復できても、「見え方の”質”」まで高めることは困難でした。しかし、東京近視クリニックのクリスタルZレーシックは「見え方の“質”」を高めることに着目し、あなたの眼が持つ潜在能力を最大限引き出すことが可能になります。

優れた安全性

レーシックではレーザーを照射する前に、角膜の表層にフラップと呼ばれるおよそ0.1mm~0.12mmのフタを形成する必要があります。 今までのレーシックでは、このフラップを作成するために、マイクロケラトームというステンレス製のブレードを使っていましたが、「クリスタルZレーシック」では、高精度な医療用レーザーを使用しています。 それによって、エッジがほぼ直角で一定の厚みをもった強く美しいフラップができ、治療後のシワやズレが起こりにくく、合併症の発生率も低く安全性にも優れた手術が可能となりました。

レーシックをご検討されている方へ

レーシックはすべての方が手術を受けられるわけではありません。
適応検査の結果、角膜の厚みが足りなかったり、角膜の形状が適さない場合は手術が出来ない場合があります。また、レーシックにはいくつかの方法があり、一人ひとりの目の状態によって最適な治療方法があります。
検査を受けたからといって、手術を強要されることはありません。 最適な治療方法を見つけるためにも、まずは適応検査を受けてみることをお勧めします。